2017年02月19日

MINI CONCERT

ピアノのお友達の発表会に行ってきました。

とっても明るい先生で、ラストの時間が近づく頃は緊張とは縁遠い雰囲気になってきて楽しかったです。
ステージをあんな風に、まるで我が家のように感じることが出来たら、人前で弾くことも萎縮しなくて出来るのかなぁ〜なんて思いました。

お友達は素敵なドレスで、大トリをエレガントに締めくくっていらっしゃいました。
いつ聴かせて頂いても、安定感のある美しいピアノだわぁ〜

そして、アンコーーーール
プログラムになかった先生との連弾。
活き活きとしたスピード感がたまらず、ワクワクしてきました。

楽しいひとときをありがとうございました。
posted by ekko at 18:58| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

アンダルシアのセレナード/ファリャ

2月12日(日)レッスン

またしても、先生にバレた
なにか、変な練習していくと、必ずバレる。

先生「前回のレッスンのあと何しました?」

心当たりがあるとしたら、アレだ。。。

私「YouTubeでたくさんの人の演奏を聴いて、私の好きな表現をいろいろ真似してみようと思って、アレコレ混ぜました。」

どうやら、真似は出来ちゃったらしい。
ただ、それを自分のものに出来ていないので、結果何人もの人がこの曲を演奏しているかのような、分裂気味の変な気持ちになる演奏になってしまった。
何人もの人のいいとこ取りの結果、つぎはぎ感いっぱいのまだら演奏。
だから、この日のレッスンは1から(0から・・・)徹底的に、人真似状態から私の演奏に変身できるようにやり直し。

@7小節目のクレッシェンドを忘れずに。一番下の段のリタルダンドが早すぎる。
A17小節目から。小さすぎる。24小節目は別枠と思って。
B36小節目。和音の音を絶対外さないで。
C37小節目の右手のトリル。コントロールが足りない。
D41小節目からの左手。まるで、雑巾で鍵盤を拭くように、もしくは、粘土の中に手を突っ込むように。
E59小節目の最後の方がピークになるように盛り上げて。
F61小節目からは差をつけるように、とっても静かに、滑らかに。
G65小節目あたりから。止まらない。溜めない。
H85小節目からの右手。前回は表現をつけてとアドバイスしたけれど、今回はやり過ぎ。
I89小節目からの右手。上昇フレーズで音量を上げていく。
J167小節目。subitoのピアノ。もっと小さく。
K174小節目からの左手。音がかすれすぎ。2拍目を意識すれば音が鳴る。
L194小節目から。もっと静かに入る。

人の真似をすることはいいこと。
みんながやる通過点。
ただ、そこで終わってはダメ。
それを、自分のものにすることが大切

−− −−−−−−−−

昨日はピアノのお友達のお誘いで、練習会に行ってきました。
温かく響く素敵なホール。
下手な私も弾きやすかったです。
この曲も弾かせて頂きました。
まだまだ足りないところが満載だけれど、本番に向けて頑張ります。
そして、皆さんのエネルギー溢れる演奏にたくさんの刺激を受けました。
いつ誘われてもサラッと何曲も弾けるっていいなぁ〜

2017年01月21日

アンダルシアのセレナード/ファリャ

1月15日(日)

@出だし。チョコマカチョコマカ聴こえる。右手をよく聴いて。常に、左手は右手の後ろにいることを忘れずに。手首を使ってしなやかに。
A17小節目から。左手、大きくならないように気をつけて。
B30、32小節目の休符を味わって。
C41小節目から。右手のフレーズの終わりの音を丁寧に。
D65小節目から。左手が右手を食わないように。
E66小節目の装飾音符はもっと軽く。
F80小節目。一番上の音だけハッキリ、他のボリュームは下げて。
G81小節目。左は余計な盛り上げはしなくていい。いじらないで。
H85小節目からの右手。楽しそうに聴こえない。1小節ごとに少しだけ、聴いている人には分かるか分からない程度に表現して。やりすぎは気持ち悪いけど、やらないと無機質。
I101小節目。左手は完結する最後の音を響かせて。
J106小節目。楽譜にはa tempoとあるけど、私はど〜〜〜してもフェルマータしたくなって、困っている小節。最後は演奏者が納得して弾いた方が説得力のある演奏になるので、自分のタイミングを見つけること。まずは、私が好きなだけ延ばしてみて
K173小節目から。左手の練習は、一番上の音だけ取り出して、音量を変えないで弾けるように。
L193小節目から。バランスを考えて、右手はあえて、平坦に、音量を変えないで。そして、もう終わりに近づいているので、盛り上げすぎずにほんのりと。荒々しさをなくして。

全体的に、早すぎて、運動会のよう。
セレナードなので、もっとゆったりと、柔らかく、妖艶に。

家に戻って、レッスンの録音を聴いてビックリ!!
なんでこんなに焦って弾いているんだろうと思うくらい焦ってる
どうしたら、冷静に、優雅に、落ち着いて、色っぽく弾けるのかな?

2016年12月17日

アンダルシアのセレナード/ファリャ

12月11日(日)レッスン

@59小節目から。左手を滑らかに。
A93小節目。私が弾くとパサパサに聴こえる。ゆすり過ぎない程度に陰影を出していく。
B175小節目。手首を使って。糸を引くように横に流れて。名残惜しそうに。次の小節の頭をハッキリアクセントにしない。ここからの左手は、ちょっとまく感じて、次の小節の頭に向かって、進む。テンポを正確に弾くよりは、やり過ぎない程度に熱く引っ張って。
C179小節目。優しく小さく入る。
D185小節目から。テンポを落とさないで。右手の親指だけで綺麗にメロディーを。
E194小節目から。呼吸を深く。左手は素早い準備を。
F198小節目から。右手はだんだん遠ざかるように。最後は耳元でささやくように。そして、両手の掛け合いを大切に。

全体的に、もっと軽やかに、レガートで。指を縦に動かさないで。

第35回ジョイフルコンサート

先月になりますが、お教室の発表会に行ってきました。
なかなかレッスンに行けなくて、今回も聴き専です
響きのいいピアノ、ぬくもりのあるホールで、優しくて温かい選曲に癒されました。
前の日に風邪をこじらせて熱があったので、行こうかどうしようか迷っていたのですが、行ってよかった〜
posted by ekko at 18:56| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする