2015年03月28日

ペトラルカのソネット第123番<巡礼の年第2年イタリアより>/リスト

発表会約2ヶ月前の練習中。
きっと、もっともっと自由に揺らすんだろうなぁ〜。
って言うか、その前に、勝手に変に拍が揺れちゃってる所があるんだけどぉ〜〜ダッシュ(走り出すさま)
精進しまするんるん

posted by ekko at 14:55| Comment(2) | ピアノメモリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ペトラルカのソネット第123番<巡礼の年第2年イタリアより>/リスト

3月20日(金)レッスン

@15小節目から。小節の頭はもっとクリアーなペダルを。
A同じく15小節目から。メロディーが左手の伴奏を待ちすぎている。右手がゆっくり歌っているのを左手が待っているくらいに変えないと。テンポを柔らかく揺らして。
B30小節目から。右手のメロディーが必ず鳴るように。
C同じく30小節目から。同じことが3回繰り返される。
1回目はもう少し早めに進む・・・。
2回目は儚くゆっくり・・・。
3回目は緊張感をもって、次につなげる・・・。
D35小節目から。左手の入るタイミングが変。楽譜通りにスピーディーに。
E38小節目。指使いが変だから、音が変。一番大切な音が「ヘッ!」って聴こえる。
F同じく38小節目。ソ♯の響きを確認したら、一度ペダルを離して、入ったほうがドラマチックでいい。
G39小節目の左手。土足で入るくらいの気持ちで。
H40小節目。右手はだんだん小さくなる。シンプルに。
I41小節目から。左手は撫でる雰囲気で。穏やかに。
J49小節目から。左手の音量は落として。右手のアクセントの付いている音をハッキリと。
K57小節目。緩んで緩んで。高揚する気持ちと逆に。「さぁ、来たぞ、来たぞ、緩めなきゃ!」
L61小節目から。アルペジオを待たずにメロディーを進めて。
M81小節目から最後まで。やっぱりまだタイミングが変。

私の弾きたい方向が固まりつつあるのは分かるけれど、それを確実に決めないとダメ。
コケ過ぎ・・・爆弾

家で弾いている時とお教室で先生の前で弾いている時の差がとても大きく感じます。
どの曲もいつもそうなんだけど、この曲は特に・・・。
家でも教室でも下手なんだけど、それでもその落差が大きくなる原因が分からないのが一番の悩みふらふらあせあせ(飛び散る汗)バッド(下向き矢印)

2015年03月15日

花鳥風月

ピアノ教室のお友達のコンサートに行ってきましたるんるん

女性4名が≪花・鳥・風・月≫にまつわる曲をピアノの生演奏で繰り広げ、バックのスクリーンにはそれぞれイメージする映像が映し出されます三日月
演奏者が入れ替わるタイミングでは、小鳥のさえずりが聴こえ、まるで自然の中にワープしてしまったような気分になりました。
色とりどりの華やかなドレスもコンサートを盛り上げます。
長い時間をかけてこのコンサートに向けての準備や練習時間の工面などのご努力は大変だったと思います。
自分のタイミングだけで弾いていいわけではないので、緊張も計り知れないと思います。
それでもやり遂げられるのは、皆さまの実力が成し得る賜ですexclamation

本当にお疲れ様でした。
そして、素晴らしいピアノの生演奏と映像のコラボの世界をありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by ekko at 12:12| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

池上梅園

桜もいいけど、梅を観賞してみたくなって、大田区の池上梅園に行ってきました電車

桜のような豪華さはないけれど、一本一本の枝ぶりや花の色合いなどがそれぞれ違って味わい深くていいなぁ〜かわいい
お年寄りが盆栽やりたい気持ちがなんだかちょっと分かるような歳になりましたぁ〜わーい(嬉しい顔)

bg_ikeume1.JPG bg_ikeume2.JPG

bg_ikeume3tate.JPG bg_ikeume4tate.JPG

bg_ikeume5.JPG bg_ikeume6.JPG


日本に4本しかない座論梅です。
bg_ikeume7.JPG

池上本門寺の五重の塔。
bg_ikeume8tate.JPG


池上梅園の裏にある寒天専門問屋さん、村田商店であんみつセットを買いました。
あんみつ、みつまめ、ところてんがあります。
あんみつは寒天、こしあん、黒蜜、豆、ぎゅうひがセットです。
あんは優しい甘さ、豆も柔らかくて美味しいけれど、なんと言っても寒天が絶品exclamation×2
天然の天草のみを原料に作ってあって、とっても食べやすくて本当に美味しかったですぴかぴか(新しい)
bg_ikeume9.JPG
posted by ekko at 21:20| Comment(0) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする