2015年08月29日

24のプレリュード 第3番/ショスタコービッチ

8月28日(金)レッスン

@最初の3小節分のスラー。平面的な、淡々とした、横の流れを・・・。
A3小節目。半音階で下がる緊張感を感じて。
B5小節目からの3声。どの声部も「この声部だけを強調して弾け」と言われたらすぐ弾けるように。全ての声部のコントロールが出来ると、透明感が出てくる。
C9小節目から。壊れやすいものを叩くようにそぉ〜と弾く。
D13小節目から。指を立てて。立った音色を。
E27小節目から。鋼のように、叩いても割れないものを叩くように。
F30小節目から最後まで。長い鉄板があって、強く弾いてもいいけど、最後の方は素材が変化して、叩いたら割れてしまうようなもろい素材になるようなイメージで。

先生が指導される時に、その人その人でピンとくるポイントが違うので、いろいろ言い方を変えるそうです。
例えば、運動神経が優れている人にはここの筋肉を緩めてとか、想像力が優れている人には水の上を歩いているようにとか・・・。
私の場合は、素材をイメージさせるような言葉でアドバイスすると、音に変化が生まれるそうです。
・・・で、思い出したのですが、小さい頃のピアノの先生に言われた言葉で今でも何故か忘れずに覚えている言葉がありました。
生卵を掴むようにとか、薄いガラス細工を鍵盤に置くようにとか・・・。
他にもいろいろおっしゃったんだと思いますが、他は忘れてしまいました。
きっと、素材以外はピンとこなかったんでしょう〜。
私は、≪手触りのイメージの女≫なのかも知れません。

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

8月28日(金)レッスン

@3小節目からの右手。前の音の指を離さずに次ぎの音を弾く。繋ぎながら。少し鼻に掛けながら、語りかけるように。左手はつられずに、ベトベト弾かない。
A8小節目。ココは勢いで。
B10小節目。ハッキリ入る。
C14小節目から。Largoの中のaccel.だから、そんなに焦らないで。激しさを伴わないaccel.。
違う種類の大きさのボールを投げつけられたような感じではなく、同じボールが飛び交うくらいのニュアンスで。
D24小節目の左手。点だけれど、レガートの中の点。
E29〜32小節目。変な音で上がっていくのを感じる。こじつけでもいいから、変なラインを自分のものにする。
F33〜34小節目。歌って、前の音の重さを引きずりながら。

私がタイトルを付けるとしたら、『気まぐれ』かな。
ネコちゃんの気まぐれな振る舞いが目に浮かんでいます 

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

8月28日(金)レッスン

6ページを長い巻物にコピーしたものは持って行ったけれど、肝心の楽譜を忘れてしまった〜
私「モーツァルトの楽譜を忘れました!」
先生「ekkoさん、モーツァルト弾いてました?」
あっ、ハイドンだった〜〜なんで、モーツァルトだと思っちゃったんだろう〜〜なんか、似てるんだよな、私の中で・・・。

時間がなかったので、一通り弾いてみて、全体の講評を頂きました。

@左手のリズムが狂っている。これは、大変爆弾直るかな、笑えないくらい変。左だけ、リズム練習や、ゆっくり練習を繰り返さないと、本番までに間に合わないかも・・・。
A表情に掛けているところがある。特に、オクターブで動くところ。手が小さくて届かないと言っても、もう少し滑らかに〜。
posted by ekko at 09:04| Comment(0) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

多摩川花火大会2015

今日は雨の予報があったのでダメかなぁ〜と思っていましたが、お天気もちょうどいい感じで、花火大会を楽しんできましたぴかぴか(新しい)
光ももちろん素敵だけれど、私はお腹にドシーーンとくるあの音が好きです。

bg_hanabi20151.JPG  bg_hanabi20152.JPG

これで、暑かった今年の夏のイベントもそろそろ終了かな〜
posted by ekko at 21:19| Comment(0) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

お友達のピアノ

ピアノのお友達の本番に行ってきましたるんるん
先日、ホールでの練習を聴かせて頂いてとても感動しましたが、今日も更に素敵に弾かれていました。
最初から最後まで、どこを切って取り出しても丁寧な音色。
この曲に思うストーリーを教えて頂いていたので、私もそんな風景を思いながら聴いていたら、胸がいっぱいになってきました。
説得力に溢れていたし、曲の包容力も感じました。
私もあんな風に心を込めて弾けるようになりたい〜〜かわいい
posted by ekko at 18:03| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする