2015年12月12日

東京クリスマスマーケット

仕事の帰りに日比谷公園で開催されている東京クリスマスマーケットに行ってきました
ドイツなどで昔から親しまれているお祭りが初上陸。
噴水広場の周りにたくさんの屋台が並んで、ビールやワイン、お食事を楽しめます

bg_tcm1.JPG bg_tcm2.JPG

bg_tcm8.JPG bg_tcm7.JPG


クリスマスピラミッド
bg_tcm3.JPG bg_tcm4.JPG


我が家のクリスマスツリーの飾りが欲しくて探してみました。
ハンドメイドの木製のお店がぬくもりを感じてとてもよかったです。
くるみ割り人形もたくさんありました。

bg_tcm5.JPG


今年のオーナメントはコレにしました。
bg_tcm6.JPG


都会の明かりとクリスマスのイルミネーションと紅葉のコラボ
bg_tcm9.JPG
posted by ekko at 11:41| Comment(2) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

12月5日(土)発表会

新しいホール、新しいピアノでの初めての発表会。
ヤマハの最高級のグランドです。

この曲の最大の難所・・・って、そればっかりの曲に感じてしまうほど出来てないのですが、トリルがどれだけ弾きやすいかが一番気になることでした。
リハーサルでの課題のひとつでしたが、私にはとてもしっかりした鍵盤に感じて、きっとちゃんと出来る人はとても綺麗に響くと思います。
あまり軽すぎる鍵盤だと空回りしちゃうので・・・。
もうひとつの課題は音量。
自分で弾いて聴こえてくる音が小さいけれど、客席で聴くととても大きく響きます。
小さく感じたからと言って、大きく弾く必要はないのかな〜。

な〜〜んて、そもそも心配するなんて図々しいでございます。
緊張でこんないろいろはぶっ飛びました
とにかく早く弾けないんだから、ゆっくりゆっくり〜〜と自分に言い聞かせステージへ。
トリルは練習でも出来ていないんだから、やっぱり本番で出来るはずもなくつぶれてばっかり。。。
でも、最後まで止まらずに弾けたし、最後の方はピアノの伸びる音を少しは楽しめたので、自分には『まぁまぁ頑張ったで賞』をあげたいと思います

それにしても、皆さんの選曲のレベルが高い
そして、その完成度も高い
この教室はどこへ向かっているんだろうと思えるくらい素晴らしい演奏のオンパレードでした。
半年前に大きなホールで発表会をやったばっかりなのに、もうこのレベルを披露できるの?!
たくさんの刺激を頂いて、これからの練習の励みになりました。
次回はショスタコービッチを数曲選んで弾きたいと思っています。
私も頑張ろう〜〜
posted by ekko at 09:15| Comment(4) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

24のプレリュード 第19番/ショスタコービッチ

12月1日(火)レッスン

@左手が楽しそう過ぎる。この曲はそうじゃない。もっと静かに。右手の邪魔にならないように。
A右手は音が少し重なっていくくらいの気持ちで。
B13小節目からは左手、レガートで。右手は遠くて鳴っている程度。
C15小節目。ここからは右手。両手の役割をそっくり逆に感じられるように。
D20〜22小節目の左手。指使いを工夫すること。変えたら綺麗に流れるように聴こえるようになった。もっと緊張感を持って。
E27小節目。右手は和音には重さをつけた音色を。
F31〜32小節目。左手は右手の邪魔にならないように。
G41小節目と42小節目は違うことを意識して。

全体的に・・・
ショスタコービッチを弾くには12色の色鉛筆ではダメ。
      
・・・とハッキリと変化するのではなくて、36色の色鉛筆を使いながら微妙に変化していく音色を出せるように。
たとえば、同じ緑でも濃淡をつけて、何色でも出せるように。
それが、ショスタコービッチの魅力。

そもそも、この曲をどう思って弾こうとしているのか。
陽気で無邪気な女の子のように先生には聴こえたようだけれど、私のイメージは違うので、それが先生には伝わらなかったことになります。
次回は本当の私の気持ちが伝わるように練習します。
さて、今度は伝わるでしょうか〜

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

12月1日(火)レッスン

発表会前の最終レッスン。
今更細かいことを言っても混乱するだけなので、もう日もないから大きな注意点だけ。

@32&33小節目。両手が微妙にずれている。休符を感じたあと、バラバラにならないように、自然に大きく。
A58小節目にいく手前が弱い。もっと盛り上げて。
B150小節目。あまりリタルダンドしないで。

初めてのホール、初めてのピアノの響きを楽しめるくらい余力があればいいですが・・・。
posted by ekko at 15:08| Comment(0) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする