2016年12月17日

アンダルシアのセレナード/ファリャ

12月11日(日)レッスン

@59小節目から。左手を滑らかに。
A93小節目。私が弾くとパサパサに聴こえる。ゆすり過ぎない程度に陰影を出していく。
B175小節目。手首を使って。糸を引くように横に流れて。名残惜しそうに。次の小節の頭をハッキリアクセントにしない。ここからの左手は、ちょっとまく感じて、次の小節の頭に向かって、進む。テンポを正確に弾くよりは、やり過ぎない程度に熱く引っ張って。
C179小節目。優しく小さく入る。
D185小節目から。テンポを落とさないで。右手の親指だけで綺麗にメロディーを。
E194小節目から。呼吸を深く。左手は素早い準備を。
F198小節目から。右手はだんだん遠ざかるように。最後は耳元でささやくように。そして、両手の掛け合いを大切に。

全体的に、もっと軽やかに、レガートで。指を縦に動かさないで。

第35回ジョイフルコンサート

先月になりますが、お教室の発表会に行ってきました。
なかなかレッスンに行けなくて、今回も聴き専です
響きのいいピアノ、ぬくもりのあるホールで、優しくて温かい選曲に癒されました。
前の日に風邪をこじらせて熱があったので、行こうかどうしようか迷っていたのですが、行ってよかった〜
posted by ekko at 18:56| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする