2011年07月10日

小さいおうち

これも、去年の夏に予約したから、約一年待ちました家

bg_chiisaiouchi.jpg

昭和の初期を舞台にした女中さんの回想録。「家政婦は見た」なのかとちょっと思ったけど、全然違います。しっとりと物語は進んでいき、ラストの展開はドキッとさせられ、私の妄想が止まりませんひらめき

ゆっくり読もうと思ったのに、面白くて止まらなくなって、一日でアッと言う間に読んでしまいました。

もし、私が監督でこれを映画化するとしたら、美しい奥様は誰にしようかしら〜映画

さすが、人気の直木賞受賞作品でした本
posted by ekko at 21:37| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。