2014年06月14日

Young Concert Artists 2014

世界中の有能な若手クラシック音楽家を支援してきたYCA.
そのコンサートフェスティバルを聴きに行ってきましたるんるん

プログラム

ピアノソナタ第14番嬰ハ短調「月光」作品27-2 / ベートーヴェン
クラリネットのための第1狂詩曲 / ドビュッシー
幼子イエスにそそぐ20の眼差しより / メシアン
弦楽六重奏曲ニ短調「フィレンツェの想い出」作品70 / チャイコフスキー

ピアノソロあり、管あり、弦ありのコンサート。
いろいろな楽器の音を楽しめました。
特に最後の弦楽六重奏曲はどこか懐かしくて、温かくて、素晴らしかったです。
弦の音がひとつひとつ重なるように響きあったかと思うと、それがいつしか一枚岩のように会場中に押し寄せてくるようで、まるで3Dの映像のよう。
第一楽章で思わず拍手が沸き、最後は観客も立って拍手です。
ステージもとても近かったので、演奏者の表情もよく見えて、楽しめました。

それにしても、パンフレットが豪華〜ぴかぴか(新しい)
今まで行ったコンサートの中でピカイチかも。
皮の表紙かと思った〜わーい(嬉しい顔)
posted by ekko at 08:50| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。