2015年07月30日

24のプレリュード 第3番/ショスタコービッチ

とりあえず、17番と3番を弾いてみました。

先生「17番と3番、どちらがイメージしやすくて、弾きやすいですか?」
私「17番です。3番は27小節目から急に大きくなるところが、さっぱり理解できません。」
先生「え、え、え〜〜〜exclamation&question、そこが一番上手かった(そこ以外は下手だったということですので、念のためダッシュ(走り出すさま))と言おうと思っていたのに・・・」

と言うわけで、今日は弾きにくい方のレッスンになりました。


7月28日(火)レッスン

@最初の右手のシの音を、みんなに集中して聴いてもらえるようなメロディーを。
A3小節目。楽そうに滑らせながらてっぺんへ。
B5小節目から。3声を意識して。
C9小節目。レガートで。
D13小節目。柔和に。
E17〜19小節目。切らないで。
F23小節目。ペダルは踏みっぱなし。右手切らないで。
G33小節目。幻想的に。

響きの中に響きがある曲。
曖昧な断片的なフレーズを、いかにもっともらしく意味を持って弾くかがポイント。
この曲は解剖の時間が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。