2015年08月29日

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

8月28日(金)レッスン

@3小節目からの右手。前の音の指を離さずに次ぎの音を弾く。繋ぎながら。少し鼻に掛けながら、語りかけるように。左手はつられずに、ベトベト弾かない。
A8小節目。ココは勢いで。
B10小節目。ハッキリ入る。
C14小節目から。Largoの中のaccel.だから、そんなに焦らないで。激しさを伴わないaccel.。
違う種類の大きさのボールを投げつけられたような感じではなく、同じボールが飛び交うくらいのニュアンスで。
D24小節目の左手。点だけれど、レガートの中の点。
E29〜32小節目。変な音で上がっていくのを感じる。こじつけでもいいから、変なラインを自分のものにする。
F33〜34小節目。歌って、前の音の重さを引きずりながら。

私がタイトルを付けるとしたら、『気まぐれ』かな。
ネコちゃんの気まぐれな振る舞いが目に浮かんでいます 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。