2015年10月30日

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

10月30日(金)レッスン

@4小節目のフレーズ最後の音。つっけんどんに終わらない。表現をもって。
A16小節目。飛び込まないで。縦三つの音を綺麗に揃えて。
B35小節目。両手同時に離す。休符。
C42小節目の右手。よく聴く。左手は楽譜通り1拍で離す。ペダルはもう少しだけ踏んでいる。
D50小節目から。ペダルの踏み方に気をつけて。パタパタつま先をあげておろして・・・をしないで。足の裏はペダルに密着させたまま、静かに踏むこと。
E60小節目。左手の休符を大切に。
F68小節目から。まだテンポが早まる。
G91小節目に入る前から、cresc.をもっと出して。
H125小節目。両手同時に離す。
I151小節目。フワフワ弾かない。しっかりとした音色で。
Jここから最後まで。フォルテとピアノの差が狭い。もっと大きな音量の差を〜。

どの曲にも共通する注意点ですが、ペダルの踏み替えの音が音楽の邪魔をしないように〜。
posted by ekko at 18:29| Comment(0) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。