2015年10月30日

24のプレリュード 第19番/ショスタコービッチ

10月30日(金)レッスン

ショスタコービッチの3曲目。この曲が漂わせる風に吹かれていたいと思わせるような、とっても素敵な曲です

@左手はそっと控えめに。右手は前の音を引きずるような気持ち、同じ高さの音でもニュアンスを変えながら。たくさん表情をつけて。
A20〜22小節目の左手は切れないように。
B27小節目。右手は和音が主。シ♭は小さく。
C34〜37小節目。つなげて。
D40〜42小節目までは気持ち悪いかもしれないけれどペダルを踏み続けて。
E43小節目。左手。タイだから本当は弾きなおさない。でも、無音で鍵盤を押さえる。そうすることで、ペダルを踏み替えても音が途切れにくい。グランドピアノなら出来る裏技。
残念だけど、我が家は電子ピアノなので、出来ない・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。