2015年12月06日

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

12月5日(土)発表会

新しいホール、新しいピアノでの初めての発表会。
ヤマハの最高級のグランドです。

この曲の最大の難所・・・って、そればっかりの曲に感じてしまうほど出来てないのですが、トリルがどれだけ弾きやすいかが一番気になることでした。
リハーサルでの課題のひとつでしたが、私にはとてもしっかりした鍵盤に感じて、きっとちゃんと出来る人はとても綺麗に響くと思います。
あまり軽すぎる鍵盤だと空回りしちゃうので・・・。
もうひとつの課題は音量。
自分で弾いて聴こえてくる音が小さいけれど、客席で聴くととても大きく響きます。
小さく感じたからと言って、大きく弾く必要はないのかな〜。

な〜〜んて、そもそも心配するなんて図々しいでございます。
緊張でこんないろいろはぶっ飛びました
とにかく早く弾けないんだから、ゆっくりゆっくり〜〜と自分に言い聞かせステージへ。
トリルは練習でも出来ていないんだから、やっぱり本番で出来るはずもなくつぶれてばっかり。。。
でも、最後まで止まらずに弾けたし、最後の方はピアノの伸びる音を少しは楽しめたので、自分には『まぁまぁ頑張ったで賞』をあげたいと思います

それにしても、皆さんの選曲のレベルが高い
そして、その完成度も高い
この教室はどこへ向かっているんだろうと思えるくらい素晴らしい演奏のオンパレードでした。
半年前に大きなホールで発表会をやったばっかりなのに、もうこのレベルを披露できるの?!
たくさんの刺激を頂いて、これからの練習の励みになりました。
次回はショスタコービッチを数曲選んで弾きたいと思っています。
私も頑張ろう〜〜
posted by ekko at 09:15| Comment(4) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

素敵なコンサートだったのでしょうね☆
新しいピアノに新しいホール、緊張しそうなシチュエーションですが、美しいピアノの響きを堪能されハイドンも素敵に演奏された事と思います!

「図々しいでございます」に笑わせて頂きました(^_^)

本当にekkoさんのお教室はどこに向かっているのという位、いつも素晴らしい演奏の数々ですが、更になんですね。
幸せですね♪

5月の発表会にはショスタコですね!
楽しみにしています(*^_^*)
Posted by あややん at 2015年12月06日 10:32
♪あややんへ

あややんには何度もハイドン聴いて頂きましたね。
ありがとうございました。
緊張はもちろんしたのですが、いつもは
<ぁぁ〜、帰りたい・・・>
と思うのですが、今回は
<弾いてから帰りたい・・・>
と少し前進出来ました。
多分、素晴らしいホールとピアノを味わいたいという気持ちが湧いたのだと思います。
途中音の間違えや不安定なリズムなど欠点はいっぱいありましたが、イキイキした楽しい曲に助けられてノレたような気がします。

今度は初ショスタコ。
今回とは全く違う世界を勉強してみます☆
Posted by ekko at 2015年12月06日 20:26
ekkoさん、こんばんは♪
昨日は、お疲れ様でした。

ekkoさんの演奏、本当に素敵でした(^^♪
生き生きとしていて、表現が細やかで♪
聴かせていただいていて、すごく気持ちよかったです!もっと、聴いていたかったです。
ご両親も、喜ばれたでしょうね♪
お優しそうな、素敵なご両親ですね〜。


Posted by Roo at 2015年12月06日 23:07
♪Rooさんへ

発表会お疲れ様でした。
そして、Rooさんの素敵なピアノどうもありがとうございました。
ハイドンに温かいお言葉嬉しいです。
いつか2楽章、3楽章と続けてみようかな。

ピアノを再開して初めて両親が聴きにきました。
みんな上手でビックリしていました。
Rooさんにご挨拶出来たこと、本当によかった〜〜!!
ありがとうございました☆
Posted by ekko at 2015年12月07日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。