2016年02月14日

24のプレリュード 第3番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@最初のフレーズ。右手が主役で、もっとおとなしく、穏やかに。
A5小節目から。3声だけど、全部を頑張らない。左手は一番小さく。
B7小節目、8小節目はクレッシェンド。
C9小節目の左手の頭。ハッキリと。
D11小節目からは今度は右手をハッキリと。
E12小節目はレガートで。
F13小節目はためらいながら。
G16小節目の頭は空白を作る。
H21〜22小節目。左手に影響されずに、右手は淡々と2拍ずつのフレーズ。
I23小節目の左はボ〜〜ンはもっと響かせて。右手はもっと大きいままに、萎まない。少しリタルダンド。
J25小節目。左手そっ〜と。右手は硬く。
K27小節目から。もっと迫力を持ってラストに向けて進んでいい。思っているほど小さくしないし、リタルダンドもしない。その方がスマートにおさまる。

全体的に、私が何処を聴いて欲しいのかが分からない。
右手左手にメリハリをつけて。
もっと『ココです!』をハッキリ決めて。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。