2016年02月14日

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@8小節目の右手の頂上の音は大事。
A12小節目。ここは3拍子の中なのに4拍子になる変拍子。それを感じて。
B14小節目。トリルを続けたまま、自然と次のフレーズにいけるように、指使いを工夫して。
C15小節目から16小節目にいく時に、切れないで。
D24小節目。別世界。穏やかに。
E34小節目のペダルは離さないで。

全体的に、この曲には無音になる場所はない。
dim.が早すぎる。もっとボリュームを持って。
14小節目⇒23小節目までは気持ちが切れない。想像以上にホッとしてはいけない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。