2016年02月14日

24のプレリュード 第19番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@最初は明るく入る。横滑りの優雅なタッチ。指が鍵盤を這うように。
A9小節目。ペダル踏みっぱなし。ちょっと気持ち悪い響きになるのを大丈夫にするためには、右手のフレーズを綺麗に弾くこと。耳を右手に引き込む。
B13小節目から。今度は左手が主役。もっとググッと思い切り歌って。
C16小節目から。右手につられて左手を大きくしないで。
D27小節目。左手に集中して。右手はそんなフレーズもあるのねぇ〜程度。
E30小節目。もっと右手は膨らませて。その時左手はもっと遠慮して。38小節目までは右手を聴かせて。
F38小節目。音量を小さくするためには、書いてないけど少しリタルダンド。
Gラスト。もうちょっと最後までフォルテで。
H無音の技。40小節目のあたりで準備を。

全体的に、左右のバランスを考えて。

前回、レッスンに行ってから2ヶ月半もたってしまいました。
なかなかレッスンに行けないので、次の発表会に出れるのかも謎ですが、先生と相談した結果、3番、17番、そして、この19番で次の発表会にのぞみたいと思います。

やっぱりピアノのレッスンは楽しいなぁ〜
この記事へのコメント
こんにちは!

この3曲で発表会ですね♪
どの曲のレッスンの記録も細部まで丁寧に書かれていて、ekkoさんの演奏を思い浮かべました。
気持ちの入り方とか、きっと先生のお言葉の中から取り入れられていて表現されているのだろうなと想像しています。

聴かせていただけるのを楽しみにしています(*^^*)
Posted by ayayan at 2016年02月15日 16:34
♪あややんへ

この3曲、どれも同じような曲調なんです。
先生は最初「う〜ん?」って感じだったのですが、「今更他の曲は無理です。減らすことは出来ますが、増やすことはできません!」と言い切って、強引に押し込んできました。(汗
曲の切れ目くらいは聴いている人が分かるように、変化をつけて弾かないと・・・。
頑張りま〜す☆
Posted by ekko at 2016年02月16日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。