2016年06月12日

アンダルシアのセレナード/ファリャ

6月12日(日)レッスン

やっとフルコーラス全部つながった状態なので、恐々2ページだけ弾きました。

@三拍子の三角形は感じるけれど、スラーも大切にする・・・けど、あんまり三拍子っぽく弾かない。
A2ページ目は右手は自由に弾く。どんなわがままな右手にも左手はいつでもついていけるように。実は左手が難しい。

スペインものは聴くと難しそうなのに、楽譜を見ると意外とシンプル。
だけど、だからこそ、その人のセンスがポイントになって、難しい。
シンプルで音がない分、音色とか呼吸とか、軽やかさとか、つまらなくなるか妖艶になるか、音作りがとても大切。
思っている以上にフォルテやピアノの差をどんどん出していいみたい。
次回、先生が「ちょっとやりすぎだから、もっと押さえて」と言いたくなるくらいでもいい。
いろんな人の演奏を聴いてみて、好きなところを真似してみてもいい。
ちなみに、私はラローチャさんの演奏が大好きなんです
この記事へのコメント
レッスン、行けて良かったですね!
2曲とも、とてもekkoさんらしい選曲♪
YouTubeで聴きながら、ekkoさんの弾かれている様子が浮かんできました。

私、そういえば、スペインものって弾いたことないかも。難しそうだけど、情熱的で、異国情緒があって、素敵♪いつか聴かせていただけたら嬉しいな♪
Posted by Roo at 2016年06月12日 18:24
♪Rooさんへ

この曲の楽譜を見たら、あまりに楽譜がサッパリしているので、曲を聴いた時の印象とのギャップにビックリしました。
私が買ったファリャの楽譜もRooさんだったら初見で弾けます!
いつか弾いてみてね〜。

レッスンはどのくらいのペースで通えるか分かりませんが、好きな曲を自分なりのペースで楽しんでいければいいなぁ〜と思っています。
どうもありがとう☆
Posted by ekko at 2016年06月13日 07:30
おはようございます!

レッスンに行かれたのですね(*^^*)
良かったです。

ファリャ、凄くekkoさんらしい曲だなと思いました。
知らない曲だったので、YouTubeで探して聴きました。
いつもekkoさんはセンスの良い選曲をされますよね♪
また違った雰囲気のメンデルスゾーン、この様な動きの曲、好きです。
メロディーとバス、内声のバランスが難しそうですがこちらもekkoさんなら素敵に弾かれますね。
聴かせて頂ける日を楽しみにしています(-_^)
Posted by あややん at 2016年06月16日 08:50
♪あややんへ

この曲は音が比較的少ないので、楽譜も音符で混雑している感じはないです。
譜読みも一見簡単そうなのですが、音が拾えても(まだ拾えてませんが・・・汗)、それからがなんだかとっても難しそう〜〜。
雰囲気をどう情熱的に妖艶に出せるのかって、今更無理だと思うのですが、楽しんで取り組んでみたいです。

レッスンは次回の約束を自信持ってし辛いですが、頑張ります。
Posted by ekko at 2016年06月18日 06:50
ekkoさん、こんにちは。

レッスン記録が記事になっていて、ホッとしました。めぐりめぐって、自分のこと優先だったり、後回しだったり、それ相応に生きていると、乗り越えて上手にやりくりしないと楽しめない年齢になってきている私達。
違った刺激を曲で求められて素敵な選曲ですね。

私は今年もう突っ走るのに疲れたので、ゆるゆると〜。先生と話がしたいと言う気持ちが上回って、練習してなくても、行く!してないんじゃなくて、時間が取れないんだもん・・・みなさん一緒ですね。
日常楽しみながら、そしてまたお会いして弾きあい会しましょうね。
Posted by たかこ姫 at 2016年06月18日 10:08
♪たかこ姫さんへ

大きなコンサートお疲れ様でした。
ご成功おめでとうございます!!

ピアノライフも含めてですが、日常のいろいろなことは自分の予定通りにはいかないということに慣れていくことが大切かなと思っています。
たかこ姫さんの仰る通りですね。
上手にやりくりして、ピアノに向かえた少しの時間でも感謝して楽しまないとね。
Posted by ekko at 2016年06月19日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。