2016年07月23日

午後のうるおいコンサート

ペトラルカのソネットの演奏が聴きたくて行ってきました

ピアノ / 小林愛実

‥‥プログラム‥‥

水の戯れ / ラヴェル
巡礼の年第2年≪イタリア≫より
ペトラルカのソネット第47番、第104番、第123番、ダンテを読んでソナタ風幻想曲 / リスト

24の前奏曲作品28 / ショパン

アンコール
マズルカOp.17-4、ノクターン遺作 / ショパン

自分がチャレンジしていた曲をプロの人が弾くとこんなにも深いのかと、改めてその素晴らしさを発見した気持ちです。
自分ではその魅力に気がつかず、サ〜〜と弾き過ごしていたフレーズをとても印象的に感じたり・・・。
ペトラルカのソネット123番はこれからも忘れないように弾き続けよう〜と思いました。

前から2番目のど真ん中だったので、息遣いや表情の変化など、迫ってくるように伝わりました。
あんなにダイナミックな演奏でも、ペダルの踏み替えの音はまず聞こえなかった。
すっごく繊細!!
「ペダルを静かに踏み替えて!」と先生にいつも注意されている言葉が頭の中をグルグル回ります。

ちょっと前まで「愛実ちゃん」と呼びたくなるような可愛らしいイメージだったけど、すっかり素敵な大人になられていました
posted by ekko at 11:31| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。