2017年02月18日

アンダルシアのセレナード/ファリャ

2月12日(日)レッスン

またしても、先生にバレた
なにか、変な練習していくと、必ずバレる。

先生「前回のレッスンのあと何しました?」

心当たりがあるとしたら、アレだ。。。

私「YouTubeでたくさんの人の演奏を聴いて、私の好きな表現をいろいろ真似してみようと思って、アレコレ混ぜました。」

どうやら、真似は出来ちゃったらしい。
ただ、それを自分のものに出来ていないので、結果何人もの人がこの曲を演奏しているかのような、分裂気味の変な気持ちになる演奏になってしまった。
何人もの人のいいとこ取りの結果、つぎはぎ感いっぱいのまだら演奏。
だから、この日のレッスンは1から(0から・・・)徹底的に、人真似状態から私の演奏に変身できるようにやり直し。

@7小節目のクレッシェンドを忘れずに。一番下の段のリタルダンドが早すぎる。
A17小節目から。小さすぎる。24小節目は別枠と思って。
B36小節目。和音の音を絶対外さないで。
C37小節目の右手のトリル。コントロールが足りない。
D41小節目からの左手。まるで、雑巾で鍵盤を拭くように、もしくは、粘土の中に手を突っ込むように。
E59小節目の最後の方がピークになるように盛り上げて。
F61小節目からは差をつけるように、とっても静かに、滑らかに。
G65小節目あたりから。止まらない。溜めない。
H85小節目からの右手。前回は表現をつけてとアドバイスしたけれど、今回はやり過ぎ。
I89小節目からの右手。上昇フレーズで音量を上げていく。
J167小節目。subitoのピアノ。もっと小さく。
K174小節目からの左手。音がかすれすぎ。2拍目を意識すれば音が鳴る。
L194小節目から。もっと静かに入る。

人の真似をすることはいいこと。
みんながやる通過点。
ただ、そこで終わってはダメ。
それを、自分のものにすることが大切

−− −−−−−−−−

昨日はピアノのお友達のお誘いで、練習会に行ってきました。
温かく響く素敵なホール。
下手な私も弾きやすかったです。
この曲も弾かせて頂きました。
まだまだ足りないところが満載だけれど、本番に向けて頑張ります。
そして、皆さんのエネルギー溢れる演奏にたくさんの刺激を受けました。
いつ誘われてもサラッと何曲も弾けるっていいなぁ〜
この記事へのコメント
Ekkoさん、昨日は、ありがとうございました!
凄く表現力があって、素敵な演奏だと思いました♪
私、真似できるって、すごく大切な才能だと思うんです。
演奏も、誰かの真似もそうだけど、結局は、自分の頭の中にある音楽を真似するってことかなぁって。
ショパンも、物まねが得意だったそうですよね。
また、ご一緒できるのを楽しみにしています。

Posted by roo at 2017年02月18日 14:45
♪Rooさんへ

昨日はありがとうございました。
とっても温かな音色が響いて、自然の風に包まれているような、落ち着きのあるホールだと思いました。
Rooさんの演奏された曲はどれも綺麗で癒されました。

いろいろな人の演奏を聴いていたら、この小節はこの人のこんな表現が好き、あっちの小節はあの人・・・みたいに好きなところがひとりではなくなりました。
だから、ちょっとづつピックアップして、真似して、つなげたんです。
そうしたら、変な人が演奏しているみたいになっちゃって・・・。
それを、今度は自分のものにしないとダメなんですね。
そこまでの力量がないので、これからどうすればいいのか・・・。
自分の頭の中に「私の理想の音楽はこれだ!」というものに早く出会いたいです。
Posted by ekko at 2017年02月18日 17:20
先日はありがとうございました♪
本当に弾きやすいピアノでしたよね。
こんな私でも一音弾いた時に気持ちに良いと思いました。

レッスンでの色々なピアニストの好きな所を繋ぎ合せての気持ち、分かりますよ〜。
好きなピアニストでも、この部分の解釈は自分と違うんだよねと思いながら他の人の演奏を真似してみたりします。出来ないけれど。。
ekkoさんはその模倣が出来るって凄いですよ。
なかなかそうしたいと思っても出来ないです。
そして、先生もやはり流石先生ですね。
発表会、楽しみにしています(o^^o)
Posted by あややん at 2017年02月19日 09:17
♪あややんへ

こちらこそ先日は素敵な演奏聴かせて頂きありがとうございました。
本当に気持ちいい音が鳴るホールでしたね。

1曲の中にいろいろな表現が登場してしまって、先生もお辛そうでした。(汗
人真似のつぎはぎが出来たと言われた時は、嬉しいのか悲しいのか、複雑な心境でした。
じゃぁ〜、このあとどうすればいいのか、今だ思案中です。
そして、仰るとおり、それを見抜く先生は流石!!
演奏を聴いただけで好きなピアニストの名前を当てられた生徒さんもいらっしゃいます。
先生にはコソコソ隠し事ができませんね。
Posted by ekko at 2017年02月19日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。