2017年02月19日

MINI CONCERT

ピアノのお友達の発表会に行ってきました。

とっても明るい先生で、ラストの時間が近づく頃は緊張とは縁遠い雰囲気になってきて楽しかったです。
ステージをあんな風に、まるで我が家のように感じることが出来たら、人前で弾くことも萎縮しなくて出来るのかなぁ〜なんて思いました。

お友達は素敵なドレスで、大トリをエレガントに締めくくっていらっしゃいました。
いつ聴かせて頂いても、安定感のある美しいピアノだわぁ〜

そして、アンコーーーール
プログラムになかった先生との連弾。
活き活きとしたスピード感がたまらず、ワクワクしてきました。

楽しいひとときをありがとうございました。
posted by ekko at 18:58| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

第35回ジョイフルコンサート

先月になりますが、お教室の発表会に行ってきました。
なかなかレッスンに行けなくて、今回も聴き専です
響きのいいピアノ、ぬくもりのあるホールで、優しくて温かい選曲に癒されました。
前の日に風邪をこじらせて熱があったので、行こうかどうしようか迷っていたのですが、行ってよかった〜
posted by ekko at 18:56| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

第4回ピアノデュオの午後

先日、ピアノのお友達の連弾コンサートに行ってきました
いつもとってもエレガントで安定感のある連弾を聴かせてくれるお二人ですが、この日の演奏は美しさに加えて力強さも感じました。
私にはとても理解出来そうもない難しいリズムのドヴォルザーク。
どうやって二人で練習したのだろう〜。
客観的に自分の音と二人の音を聴けないと、とても合わせられない難曲です。
息の合わせ方もすごく素敵で、この曲に長い間向き合ってきたお二人の真摯な気持ちが伝わってきます。
パワフルでカッコイイ〜〜
素晴らしい演奏をありがとうございました
posted by ekko at 19:11| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

第1回ジョイフルプラスコンサート

10月14日(金)

お教室の生徒さんの中で、時間制限無しの長い曲、組曲、などに取り組まれている方たちによる発表会。
ひとり10分以上の大曲に6名の方が挑戦されました。
先生の厳しいレッスン、皆さまの素晴らしい努力の賜、その力が実り、全ての方が完璧に演奏されて、本当にただただ敬服と感動です。
このピアノ教室は音大か・・・と思うほどでした
posted by ekko at 15:47| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

第34回ジョイフルコンサート

5月28日(土)

お教室のピアノの発表会。
私はサボってばかりなので、今回は欠席。
皆さんの素晴らしい演奏に元気と勇気をたくさん頂きました。
ここは音大かと思うくらいの完成度に、かなり圧倒されました。

posted by ekko at 16:00| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

春のコンサート

早朝までの激しい雨もあがり、玄関のドアを開けて外に出てみると、白い雲がスピードをあげて流れさり、どんどん青い空が広がります。
日差しも眩しい、五月晴れが心をウキウキさせるそんな一日、ピアノのお友達の発表会に行ってきました。

お嬢様との連弾と、ご自身長い間取り組んでこられたソロのソナタ。
どちらも、その世界観が素晴らしくて、聴衆を引き込む完璧な演奏でした。

連弾2曲はどちらも絶対難しいと思うのですが、練習時間を作り出すのが大変だった中、息のピッタリ合った、たっぷり歌い込んだ、気持ちのいい〜デュオでした

ソロは、も〜圧巻のひとことです
「これが表現したかったベートーヴェンなんだ」と思いながら聴いていたら、胸がいっぱいになってきました。
大トリという大役の中、プレッシャーも計り知れなかったと思いますが、全てパーフェクトにやりきった演奏に心から拍手を送らせて頂きたいです。

本当にお疲れ様でした
posted by ekko at 19:40| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

第3回同窓会サロンコンサートinTOKYO

ペンネさん主催の同窓会サロンコンサートに参加させて頂きました

bg_dou3.JPG


学生さんや主婦の方、仕事を持っていらっしゃる方、ピアノの先生・・・、様々な環境のみなさまですが、ピアノ大好き、音楽大好きといった雰囲気がいっぱいで、とっても楽しく過ごさせて頂きました。

私はリストの巡礼の年第2年イタリアより「ペトラルカのソネット第123番」を弾かせて頂きました。
も〜、今までで最悪の崩れ方で、途中止まりたくて止まりたくて、どこで止まろうかと思案しつつも、止まったところで何処から弾き直せばいいのか分からないからなぁ〜、エーーイこのまま弾いちゃおう・・・と思い直して、なんとか最後まで到着した感じです。
こうやって書きながら反省してみると、崩れているくせに、やけに冷静だなと、妙に感心したりして・・・

もう1曲は、ハロウィンをイメージした曲を作曲者のいる前で弾かせて頂きました。
どうして、ココで指が絡むのかと自分がイヤになっちゃいます。
お辞儀して、作曲者の方の前を通るとき、どんな顔をすればいいのか申し訳なくて、目を合わせないように下向いて退散です・・・。
でも、パンプキン大好きです

前回から2年ぶりでしたが、出演者の方々の演奏のレベルが更にパワーアップ
どの曲も本当に素晴らしかったです。
打ち上げもとても楽しくお喋りに花が咲きました。
貴重な音楽の話をいっぱい聞かせて頂きました。

ペンネさま、みなさま、お世話になりました。
そして応援に駆けつけて下さった方々、どうもありがとうございました
posted by ekko at 08:36| Comment(6) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

お友達のピアノ

ピアノのお友達の本番に行ってきましたるんるん
先日、ホールでの練習を聴かせて頂いてとても感動しましたが、今日も更に素敵に弾かれていました。
最初から最後まで、どこを切って取り出しても丁寧な音色。
この曲に思うストーリーを教えて頂いていたので、私もそんな風景を思いながら聴いていたら、胸がいっぱいになってきました。
説得力に溢れていたし、曲の包容力も感じました。
私もあんな風に心を込めて弾けるようになりたい〜〜かわいい
posted by ekko at 18:03| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

大人の発表会

ピアノのお友達が出演される発表会に行ってきましたるんるん
とても穏やかでリラックスした雰囲気の発表会。
弦あり、歌あり、ピアノあり。
日本の歌あり、Jazzあり、クラシックあり。
一人ひとりに温かな言葉を掛けて下さる司会の方がとても明るくて、会場のお客様もみんなニコニコわーい(嬉しい顔)
演奏される皆さまも気持ちよく音楽を心から楽しんで弾かれています。
お友達もピアノを楽しんでいらっしゃるように感じて、私まで嬉しくなりました揺れるハート
posted by ekko at 20:08| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

CHANEL Pygmalion Days〜CHAMBER MUSIC SERIES〜

今回のシリーズは通常生の演奏で聴く機会が極めて少ない、『埋もれた名曲』を取り上げたプログラムでした。

プログラム

ヴァイオリンとピアノのためのソナタ / ドビュッシー
ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲Op.7 / ゾルターン
『プロムナードOp.7』から / マニャール (ピアノソロ)
ピアノ四重奏曲第2番へ短調Op.2 / メンデルスゾーン

本当に知らない曲ばかりで、少々戸惑いましたが、初めて知る作曲家の作品は新鮮でした。
ゾルターンの曲は特に印象深く残りました。
二つの楽器がひとつに感じられたし、全体に散りばめられた舞踏的なフレーズがバルトークみたいで、楽しかったです。
マニャールはドビュッシーと同時期の作曲家ですが、ほとんど知られていないようです。
私ももちろん知らなかった・・・。
この日はマニャールの150回目のお誕生日で、主催者側から是非ピアノ曲を〜〜とリクエストがピアニスト側にあったそうですが、ピアノ曲があったことを演奏者も知らなかったとお話されていました。
ドビュッシーより華やかさはないけれど、お洒落で柔らかな感じを受けました。
posted by ekko at 19:36| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

花鳥風月

ピアノ教室のお友達のコンサートに行ってきましたるんるん

女性4名が≪花・鳥・風・月≫にまつわる曲をピアノの生演奏で繰り広げ、バックのスクリーンにはそれぞれイメージする映像が映し出されます三日月
演奏者が入れ替わるタイミングでは、小鳥のさえずりが聴こえ、まるで自然の中にワープしてしまったような気分になりました。
色とりどりの華やかなドレスもコンサートを盛り上げます。
長い時間をかけてこのコンサートに向けての準備や練習時間の工面などのご努力は大変だったと思います。
自分のタイミングだけで弾いていいわけではないので、緊張も計り知れないと思います。
それでもやり遂げられるのは、皆さまの実力が成し得る賜ですexclamation

本当にお疲れ様でした。
そして、素晴らしいピアノの生演奏と映像のコラボの世界をありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by ekko at 12:12| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

ピアノデュオの午後

春の訪れを感じさせるような暖かさの中、昨日ピアノデュオのコンサートに行ってきましたるんるん
あややんとサンドさんの息の合った連弾は、それはそれは心地いい素晴らしいステージでした。
お互い信頼し合って、硬さなど感じさせず、リラックスして弾かれていました。
4手の音色がとても統一されていたので、きっとお二人の目指す世界が同じなのだなぁ〜と感じました。
こんなに完成された音楽を、二人だけで作り上げてきたとお聞きしてビックリしました。
流石ですexclamation×2
ファニー・メンデルスゾーンという選曲もお洒落ぴかぴか(新しい)
それぞれ緩急豊かで魅力的な曲でした。
また、是非是非お二人の連弾聴かせて頂きた〜いわーい(嬉しい顔)揺れるハート
posted by ekko at 22:16| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

ピアノコース選抜学生コンサート

音大のピアノコース選抜の方々のコンサートに行ってきましたるんるん

プログラム

超絶技巧練習曲第7番「英雄」 / リスト
鏡 / ラヴェル
ナポリ / プーランク
ピアノソナタ第6番イ長調作品82 / プロコフィエフ
ピアノソナタ第4番ハ短調作品29 / プロコフィエフ
ピアノソナタ第2番変ロ短調作品35 / ショパン

音大の皆さんはさすが鍛えられているだけあって、堂々と自信を持って弾かれていました。
どの曲も表現したい音を確かめるように演奏されて、説得力を感じます。
私も少しでもあんな風に弾いてみたいけど、う〜ん、無理かな。
人がいなくても緊張しちゃうもんな・・・。
音を出さなければ、あんな風に真似できそうなんだけど・・・ダッシュ(走り出すさま)

それにしても、広いふらふら
どこが会場のある建物なのか、棟がいっぱいでわからない。
何度クルクル彷徨ったか〜もうやだ〜(悲しい顔)
でも、そのお陰で思い出のシーンの舞台を味わうことが出来ました。
そう、ここはのだめのロケ地になったところ。
千秋先輩やのだめやオーケストラ仲間たちの顔が浮かんで懐かしかったですかわいい
posted by ekko at 08:14| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

Young Concert Artists 2014

世界中の有能な若手クラシック音楽家を支援してきたYCA.
そのコンサートフェスティバルを聴きに行ってきましたるんるん

プログラム

ピアノソナタ第14番嬰ハ短調「月光」作品27-2 / ベートーヴェン
クラリネットのための第1狂詩曲 / ドビュッシー
幼子イエスにそそぐ20の眼差しより / メシアン
弦楽六重奏曲ニ短調「フィレンツェの想い出」作品70 / チャイコフスキー

ピアノソロあり、管あり、弦ありのコンサート。
いろいろな楽器の音を楽しめました。
特に最後の弦楽六重奏曲はどこか懐かしくて、温かくて、素晴らしかったです。
弦の音がひとつひとつ重なるように響きあったかと思うと、それがいつしか一枚岩のように会場中に押し寄せてくるようで、まるで3Dの映像のよう。
第一楽章で思わず拍手が沸き、最後は観客も立って拍手です。
ステージもとても近かったので、演奏者の表情もよく見えて、楽しめました。

それにしても、パンフレットが豪華〜ぴかぴか(新しい)
今まで行ったコンサートの中でピカイチかも。
皮の表紙かと思った〜わーい(嬉しい顔)
posted by ekko at 08:50| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

ピアノデュオの午後

昨日、ピアノのお友達あややん&サンドさんの連弾を聴きに行ってきましたるんるん
嫌がるお二人を無視して、最前列のかぶりつき〜〜わーい(嬉しい顔) (スミマセン・・・あせあせ(飛び散る汗)

2台ピアノと連弾・・・知らなかった曲もいっぱいあって、勉強になりました。
あややんとサンドさんの演奏は、しっかり呼吸も合っていて、弾きたい方向性も同じなんだなぁ〜と感じられて、聴いていてとっても心地よかったですかわいい
準備期間も短くて、合わせられる時間も少なかったとお聞きしました。
それでもお二人の音がバランスよく重なりあい、流れもスムーズなのは、流石ですexclamation×2
ますますパワーアップされた連弾を今後も楽しみにしていますハートたち(複数ハート)
posted by ekko at 08:50| Comment(8) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

CHANEL Pygmalion Days〜内匠慧〜

内匠慧さんのピアノコンサートにお友達のご好意で行くことが出来ましたるんるん

プログラム

忘れられたロマンスS.132 / リスト
即興的なワルツS.213
アンシーズ(2001) / ブーレーズ
−EYES−for piano / 西岡瞳
イベリア第1巻
1.エヴォカシオン 2.港 3.セヴィーリャの聖誕祭 / アルベニス

アンコール
道化師の朝の歌 / ラヴェル

久しぶりのピアノコンサート。
最前列で堪能することが出来て、とてもいい時間を過ごせました。
特に、PPの音が繊細で、大切に味わっているように感じ、私は一度でもあんな風に確認しながら弾いたことがあるだろうかと反省しました。
プログラムは前衛的な曲もあって、風景を思い描くヒントが浮かばず難解でしたが、リストは弾きたい曲のひとつだったので嬉しかったです。

6月にはフェスティバルウィークとして平日にもコンサートがある予定。
仕事帰りにでも行けたらいいなぁ〜かわいい

○●○●○ ○●○●○ ○●○●○ ○●○●○ ○●○●○

コンサートに先駆けて、ランチを楽しみました喫茶店
会場近くのミキモトビルのレストランで、野菜中心のビュッフェスタイル。
メインを選ぶことが出来て、最後はスイーツが5種類。
銀座の週末にしてはリーズナブルで、予約も出来ます。
とてもいい場所を発見しましたひらめき
posted by ekko at 08:38| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

喜寿コンサート(オヤジコンサートX)

ピアノ教室の男性陣で繰り広げられるオヤジコンサートの第5弾。
今回は出演者5人の内、3人の方が喜寿というお祝いのコンサートとなりましたかわいい
昨日は、45年ぶりという大暴風雪霧
そんな中にも関わらず、たくさんのファンの方々で会場は温かい空気に包まれていました。

バッハからビートルズ、邦人の作品などなど、プログラムの豊かさもさることながら、爺&オヤジの皆さまのトークが面白かったり、胸を打つものだったり・・・。
ピアノを通じて、人生そのものを教えてもらったような、味のある感動的で素敵なコンサートでしたるんるん

ホールの入り口に誰かが作った雪だるまです雪

bg_yukidaruma.JPG

posted by ekko at 10:04| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

『喜寿コンサート』プロモーションビデオ

2月8日(土)にお教室の男性陣5人によるコンサートがあります。
3人の方の喜寿をお祝いする素敵なコンサートになりそうです。

先日行われたリハーサル風景を先生がダイジェスト版に編集されました。
是非、ご覧になって、足を運んで頂けたら幸いでするんるん

リハーサル風景から
posted by ekko at 09:01| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

お友達の発表会

先日、ピアノのお友達あややんとお嬢様の発表会を聴きに行ってきました。

お嬢様がしばらくお忙しくなられるようで、あややんとの競演もこの日をもってしばしお休みされるとか。
大切な思い出になる母娘競演を楽しみにしていました。

私の気持ちも高ぶりましたが、それ以上にお二人の演奏は素晴らしく、大きな感動で胸がいっぱいになりました。

お嬢様は練習時間もままらない日々だったと思うのに、なんとパーフェクトな演奏なのでしょう〜exclamation×2
それに、美しく立派に成長されたお姿に惚れ惚れしてしまいました。

お二人の連弾は、抜群のハーモニーるんるん
やっぱり、なにもかもよく似ていらっしゃるお二人がステージにあがるだけでカッコいいし、音色やしぐさがピッタリで、とても心地よかったです。
会場中がお二人の連弾に引き寄せられていくのがよく分かりました。

そして、大トリで壮大な難曲を堂々と弾ききったあややんかわいい
今まで何度も生演奏聴かせて頂きましたが、私がいうなんておこがましいですが、No.1な、最高中の最高な演奏だったと思いました。
大きなプレッシャーに打ち勝って、完璧に歌い上げて、とにかくすっごいぴかぴか(新しい)

あんな風に弾けることは永遠私にはこないだろうな〜。
憧れがますます高まった一日でした揺れるハート
posted by ekko at 20:37| Comment(2) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

All About‥‥ピアノ‥‥

その道のプロ(専門家)の方が日常生活をより豊かにするためのノウハウなどを教えてくれる生活総合情報サイトAll About。ちょっとした悩みを相談できたり、ヒントを見つけることができたり・・・ひらめき

そのサイトで、ピアノのスペシャリストとして、レッスンでお世話になっている北條先生が担当されることとなりましたexclamation×2

コラムを読ませて頂きましたが、教室のHPに書かれていることや、日々レッスンでアドバイス下さることなどが書かれていて、とても嬉しくパソコンの前で大感激しておりますぴかぴか(新しい)

是非、一度ご覧下さいませ〜〜るんるん

All About〜ピアノガイド●北條聡子先生〜
posted by ekko at 21:00| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

第2回同窓会サロンコンサートinTOKYO

ペンネさんが主催された同窓会サロンコンサートに参加させて頂きました🎵
ペンネさんの元・現生徒さんや香港繋がりの方、ピアノ仲間のみなさまのお仲間に入れて頂きました。

ピアノはベヒシュタイン。
音が深くて響きも豊かで、私にはもったいないピアノです。

みなさまがドレスで弾くとお聞きして、さて困った・・・。
持ってません💣
ドレスなんて着る自信ないし、似合いません。。。
でも、着ないとかえって目立ってしまう。。。
お気遣い頂き、Rooさんに素敵な薄紫のドレスをお借りしました。
Rooさん、ありがとうございました〜💠

ソロはベートーヴェンのバガテルを弾かせて頂きました。
弾いているうちに緊張してきて、途中はかなり誤魔化してしまいました。
また、蝶々がうまく羽ばたけず、迷子になりかけ、なんとか着地した感じです。

連弾はピアノのお友達と3人でラフマニノフのロマンスを弾かせて頂きました。
ここでも私は迷子になりましたが、両脇のお2人に支えられて、6手を楽しめました⤴
また、是非挑戦してみたいです。

私の演奏は相変わらずだし、楽譜見て弾くなんて私だけ・・・。
最初に確認しなかったのがいけないのですが
なんとこのコンサート

レベルが高い!!

私だけ間違えて来ちゃった人みたいです💨
凄過ぎる曲を次から次へとみなさま暗譜で弾かれ、圧倒されっぱなし。
刺激をいっぱい頂きました・・・と言うか、刺激的過ぎます。
私は反省がいっぱいです💦

休憩時間にピアノの先生をしていらしゃる演奏者の方とお話ができて、とても勉強になることを教えて頂きました。

ステージで次の音なんだっけ?なんて考えちゃダメ。
自分が今出した音がどんな響きをしているかに集中することが大事です。
そうすれば、緊張しても走らない。
自分の音を聴かないとどうしても早くなってしまう。


少しでも近づきたいと思いました。

いろいろ反省点はあるけれど、いつも一緒にピアノを囲んでくださるお友達とドレス着て(結婚式以来でしたぁ〜)、同じステージでピアノ弾けたことがとってもとっても嬉しかったです😃💓

応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました。
Rooさん、あややん、そして、ペンネさん、楽しい時間をありがとうございました。
本当にお世話になりました💕
posted by ekko at 09:47| Comment(8) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

6手連弾

6手連弾の練習をしてきましたるんるん

来月、人前で演奏させて頂きます。
今回で2回目の練習です。
1回目は手探りで、縦の線を合わせるだけでも、誰がどうやって合図するかなどを決めることで、いっぱい時間をさいてしまいましたが、今回はそれぞれのフレーズの感じ方など、たくさん話しながら仕上げることが出来ました。
両脇のお二人と一緒に作り上げていくと、とても勉強になって、楽しくて貴重な時間でした。
録音を聴いてみると、前回より音量の幅も広がって、ずっと素敵になったと思いますわーい(嬉しい顔)
あとは、私が変なこと弾いて、せっかくのロマンチックな曲を台無しにしないよ〜にダッシュ(走り出すさま)
posted by ekko at 20:10| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

女声コーラス

先生がピアノ伴奏をされる女声コーラスのコンサートに行ってきましたるんるん

500席もある大きなホールが開場と同時にほぼ満員exclamation
すごいな、この集客力exclamation×2
空いている席を探してもさっぱりなくて、とうとうすっごく前の方まで・・・ふらふら
コーラスももちろん聴きたいけど、やっぱり先生のピアノが聴きた〜い・・・と言うのが本音。
だから、先生に嫌がられるかもしれないけど、かぶりつきの席でピアノを聴かせて頂きましたわーい(嬉しい顔)
美しいピアノにうっとりしたり、こんなに素敵なピアノを伴奏にこんなに広く素晴らしいホールで歌える皆さまを羨ましく思ったり・・・。
中でもルロイ・アンダーソンの特集は様々な小道具も登場して楽しかったです。
もともと大好きな作曲家で、連弾用の楽譜も買っていて、いつかどこかでだれかと弾けたらいいなぁ〜と憧れています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・  リボン  ・・

先生を囲んでしばし歓談の後、今日の第2幕、私の夏の戦いのステージへいざぁ〜〜ぴかぴか(新しい)

コンサートの行われたホールの下の階では、夏のセールの真っ最中かわいい
お目当てのお店が改装のため、なんと全品70%オフ揺れるハート
会計に並ぶ長い列に恐れをなしてくじけそうになったけど、「ここで頑張らないと私の夏が終わるバッド(下向き矢印)」と自分で自分を振るい立たせ、獲物を狙う人々の塊へ突進していきました。
そんなわけで、試着なんて出来るわけがないあせあせ(飛び散る汗)
ダメでもともと、一か八かのお買い物です。
獲得数3着、会計までの待ち時間30分。
なんだか、すっごく疲れちゃったけど、まずまず満足の勝利品と言うことに致します。
これでこの夏に思い残すこと(服?)はございませんブティック
posted by ekko at 20:46| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

コンクール

ピアノのコンクールを聴きに行ってきましたるんるん
先月聴かせて頂いたあややんとサンドさんの連弾です。

あれから一ヶ月ほどですが、細部に渡ってお二人で練り上げてきた成果が、この素人の私でもハッキリ分かるくらい表現されていました。
この前ももちろん良かったけれど、これは本当に凄いexclamation×2・・・と、その進化のスピードに圧倒されました。
ひとつひとつのフレーズが積み重なるように深く重厚に繰り広げられ、私の心は最初から持っていかれました。
持っていかれてそのままぼぉ〜としていたら、頼まれていたビデオのスイッチを切るのを忘れそうになって危なかったがく〜(落胆した顔)

・・・と同時に、もう心配で心配で・・・ふらふら
何が心配かと言うと、制限時間がきて、いつ「チンッ、はい、ココまで」って、無常の鐘が鳴らされてしまうかと、ハラハラでした。
お願いだから、最後まで聴かせて〜〜止めるな〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
大丈夫でしたぁ〜わーい(嬉しい顔)ホッ。。。

お二人の演奏には聴いている人に迫ってくる力があって、説得力に溢れていたと感じました。
お二人の努力の賜物だと思います。
素晴らしい〜〜ぴかぴか(新しい)
posted by ekko at 13:48| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

連弾

ピアノのお友達お二人による連弾を聴きに行ってきましたるんるん

以前、お二人の連弾を聴かせて頂いた時、その颯爽とした立ち振る舞いや、雰囲気がとても似合って息がピッタリの演奏が素敵で、ファンになっていました。
またペアーを組んで連弾に取り組まれると伺ってから、この日を楽しみにしていましたハートたち(複数ハート)

初披露なので緊張したと仰っていましたが、とても落ち着いて弾かれていました。
また、是非聴かせて頂こぉ〜わーい(嬉しい顔)

ピアノもとても珍しくて、ペダルが4本。
会場の環境も影響しているのかどうか私にはよく分かりませんが、弾く人によって様々な顔を表現するピアノだなぁ〜と思いました。

皆さんの演奏も心に響くものがたくさんで、とても貴重な一日を過ごさせて頂きました。
どうもありがとう〜ぴかぴか(新しい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ ・・

そして、この日は講評の先生によるトークコンサートも行われましたカラオケ
アレンジもの3曲です。
どれも元の音楽自体が素晴らしいので、その力が更にピアノ音楽を魅力的にしているように感じました。

ピアノの練習へのアドバイスもいくつか印象に残りました。

●本番が近づいてきたら80%の速さで練習してみる。すご〜くゆっくりじゃなくて、80%くらいがイイ。

●夜寝る前に頭の中でフルコーラス弾いてみる。白鍵黒鍵があやふやにしか思い出せない所は、まだ暗譜しきれていない所。

●いろいろなアクシデントを想定した練習をしてみる。例えば、鍵盤の上にワザとごみを置いて弾いてみるとか・・・。

などなど〜〜

「私なんて、暗譜がどこもかしこも出来てないんだから、寝る前にそんなことしようものなら、混乱して爆睡できないじゃない!ど〜すんの?安眠妨害だわッ!!ちっ(怒った顔)

なんて、ツッコミ入れたくなりましたが・・・パンチ

80%の速さなら出来そう。
本番はどーしても突っ走るので(弾けないくせに早くなるふらふら)、これは実践してみようかなと思いました。
posted by ekko at 21:10| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

「子供の情景」&「子供の領分」コンサート

シューマン「子供の情景」&ドビュッシー「子供の領分」のピアノコンサートが昨日あざみ野でありました。ピアノ教室の女性陣5名でのリレー形式の組曲全曲演奏会です。私は前回の「展覧会の絵」コンサートに続き、ナレーターとして参加させて頂きましたるんるん

あいにく朝から冷たい雨でしたが、開場の頃は雨もやみ、お客様も来て下さり、温かい拍手を頂き、とても嬉しかったです。

ステージ正面にあるスクリーンに曲にまつわる写真や絵を映しながらの演奏会。私はナレーションしながらパソコンの切り替えを担当していました。切り替えのタイミングなど大丈夫だろうか?私の指1本のミスでコンサートを台無しにしてしまったらどうしよう〜など心配事もありましたが、事故もなく無事に終えられてホッとしていますわーい(嬉しい顔)

前日に友人から「女優になれ!」と励まされたので、「なんちゃって女優」目指して楽しくナレーションすることが出来ましたかわいい

なにより、ピアニストの皆さまの演奏がとても素晴らしくて、音もまろやかで美しくて、何度も聴き惚れてしまって仕事を忘れそうになり、冷静になるのが大変でしたぴかぴか(新しい)

見に来てくれた母は「お前はあんなに上手な人たちと一緒にピアノを習っているのか!それは、大変だ!!!」と興奮しながら話していました。全くその通りで、私はこんなに素晴らしいピアノ仲間に恵まれ、刺激をたくさん頂き、とても幸せ者だと思います。

応援に駆けつけて下ったあややん、サンドさん、ピアノ教室の皆さま、バックアップして下さった皆さま、その他いつも支えて下さっている皆さま、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

bg_ohanakodomo225a.JPG bg_ohanakodomo225b.JPG
posted by ekko at 08:49| Comment(8) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

G333爺とオヤジのコンサート

昨日、ピアノ教室でご一緒の男性陣5人によるオヤジコンサートがありましたるんるん
今回で4回目になる人気シリーズのコンサート。
会場には満員のお客様ですわーい(嬉しい顔)

毎回心温まる気持ちでいっぱいになるけれど、今回は更にパワーアップグッド(上向き矢印)
スクリーンに曲にまつわる絵や写真、ご本人たちのピアノに対する思いや、小さい頃のお写真などを映し出しての視覚的にも楽しめる素晴らしすぎるコンサートぴかぴか(新しい)
大成功の中で最後に皆さまが並ばれ、その充実感・達成感に満ちた晴れやかなお顔を拝見していたら、胸がいっぱいになって震えが止まらなくなって・・・。
私の心の奥にあるスイッチが入ってしまい、とうとうやられました〜〜もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)揺れるハート
演奏もトークもG333の皆さまのお人柄が随所に溢れていて、誰にもまねできないコンサートでした。
5人の男性陣はまさしくヒーロー手(チョキ)
会場にいらした全員が幸せいっぱいになったスペシャルな一日でしたハートたち(複数ハート)

感動と元気と勇気と・・・幸せをありがとうございましたかわいい
posted by ekko at 13:54| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

「子供の情景」&「子供の領分」コンサート

2月25日(土)アートフォーラム・あざみ野で、ピアノ教室の皆さんの企画・演奏による

シューマン「子供の情景」&ドビュッシー「子供の領分」

のピアノコンサートがありまするんるん

次項有詳しくはコチラです。

舞台正面のスクリーンにそれぞれのピアノ曲にまつわる写真やイメージの絵などを映しながらのレクチャー形式のリレーコンサートです。
私はナレーションを担当させて頂くことになりましたカラオケ

先日、このコンサートのリハーサルがありました。
当日の会場で2回通しでやりました。
皆さんの心のこもった綺麗なピアノ演奏を聴いていると、自分の仕事をうっかり忘れてしまいそうです。

自分のナレーションを録音で聴きましたが、滑舌がいまいちだったり、所々イントネーションがめちゃくちゃだったり・・・。
しかも、緊張の中で本番さながらを2回やると、喉がカラカラ・・・たらーっ(汗)
でも、夢の世界にワープしたみたいで、とっても楽しかった〜ハートたち(複数ハート)

お時間がございましたら、お誘い合わせのうえ、足を運んで頂けたら幸いですぴかぴか(新しい)
posted by ekko at 21:03| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

練習会

昨年11月に行われた「音の宝箱〜チャリティ・ピアノコンサート」の出演者の方々の練習会がありましたるんるん
私にもお声を掛けて下さり、参加させて頂きました。
昨日はとても冷たい雨でしたが、サロンの中は皆さんの熱い演奏に包まれていました。

私はあややんさんとのぶっつけ本番連弾でモーツァルトのトルコ行進曲を弾きました。
私の練習不足であややんさんの足を思いっきり引っ張りましたが(ごめんなさい・・・ふらふら)、やっぱり連弾は楽しい〜わーい(嬉しい顔)
あとは、ショパンのノクターンと今練習中のチャイコフスキーの瞑想曲です。

ラヴェル、テレマン、メンデルスゾーン、ベートーヴェン、リスト、バッハ、ピアソラ、ドビュッシー・・・皆さんがいろいろな曲を素敵に弾かれるので、ひとつひとつの曲の魅力をたくさん再発見出来ました目

作曲家の三枝隆さんもおいでになって、ご自身作曲の連弾曲も披露して下さいました。

bg_ichion.jpg

どれもすっごく美しくて哀愁を感じる素敵な曲exclamation×2
私も練習しよっ〜かわいい

練習会のあとは、楽しいおしゃべりと美味しいお料理ビール
幸せなひとときを過ごさせて頂きました。
お世話になった皆さま、どうもありがとうございました揺れるハート
posted by ekko at 09:42| Comment(4) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

みんなのピアノコンサート

昨日、あややんとサンドさんが出られるピアノの発表会に行ってきましたリボン

小さなお子様も、大人の方も、もちろん講師演奏も、素敵な演奏がいっぱいるんるん

お二人が連弾されたのはブラームスのハンガリー舞曲第1番。
スタイル抜群のお二人は色違いのお揃いドレスでバッチリ決めて、とっても華がありました。
息がピッタリの演奏は迫力があって、会場中の空気を一気に持って行った感じですグッド(上向き矢印)

サンドさんが弾かれたソロはフォーレのノクターン第5番。
とても難しい曲だと思いますが、全くブレることなく、落ち着いて弾かれていらっしゃいました。
なんて安定感があって、美しいんだろ〜exclamation×2

Rooさんと私は、連弾を終えられたばかりの舞台上のお二人に花束を渡そうと、階段を急ぎ足で降りましたが、私ったらたったそれだけなのに緊張あせあせ(飛び散る汗)
ドキドキしたけど、笑顔のお二人はますます綺麗でしたぁ〜ぴかぴか(新しい)
posted by ekko at 18:07| Comment(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする