2016年02月14日

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@8小節目の右手の頂上の音は大事。
A12小節目。ここは3拍子の中なのに4拍子になる変拍子。それを感じて。
B14小節目。トリルを続けたまま、自然と次のフレーズにいけるように、指使いを工夫して。
C15小節目から16小節目にいく時に、切れないで。
D24小節目。別世界。穏やかに。
E34小節目のペダルは離さないで。

全体的に、この曲には無音になる場所はない。
dim.が早すぎる。もっとボリュームを持って。
14小節目⇒23小節目までは気持ちが切れない。想像以上にホッとしてはいけない。

2015年10月01日

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

9月29日(火)レッスン

時間が足りなくなったので、サラッと〜。

ためらったり、進んだり、気まぐれ感のある曲だからこそ、弾いている人が理解していないとダメなのに、私の演奏は迷子になっている感じ。
変拍子の曲だけれど、プロが弾くと迷いは感じられないことをお手本に〜。
自分の演奏をよく聴いて〜。

2015年08月29日

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

8月28日(金)レッスン

@3小節目からの右手。前の音の指を離さずに次ぎの音を弾く。繋ぎながら。少し鼻に掛けながら、語りかけるように。左手はつられずに、ベトベト弾かない。
A8小節目。ココは勢いで。
B10小節目。ハッキリ入る。
C14小節目から。Largoの中のaccel.だから、そんなに焦らないで。激しさを伴わないaccel.。
違う種類の大きさのボールを投げつけられたような感じではなく、同じボールが飛び交うくらいのニュアンスで。
D24小節目の左手。点だけれど、レガートの中の点。
E29〜32小節目。変な音で上がっていくのを感じる。こじつけでもいいから、変なラインを自分のものにする。
F33〜34小節目。歌って、前の音の重さを引きずりながら。

私がタイトルを付けるとしたら、『気まぐれ』かな。
ネコちゃんの気まぐれな振る舞いが目に浮かんでいます 

2015年06月30日

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

選曲にすっ〜〜〜〜ごく悩んで、先生に相談したところ、ショスタコービッチを薦められました。
今まで全く私の選択肢になかった作曲家の名前を聞いて、悩んでいる今だからこそ弾いてみたいと思いましたるんるん

私なりに聴いたり弾いたりしてみて、まず、17番と3番を選んで練習していたところへ、先生からメールを頂きました。
「17番や3番なんてどうですか?」
とっても嬉しかったぁ〜〜ハートたち(複数ハート)
偶然にも同じ曲に気持ちが向いていることを知って、これは頑張らなければ・・・


6月30日(火)レッスン

時間が迫っていたので、今日は2曲をサラッと弾いて、音の間違えをチェックしてもらいました。
なにしろ、摩訶不思議な曲ばかりなので、音が合っているのかどうかも自分で分かり辛いですあせあせ(飛び散る汗)

今まで弾いてきた曲と世界観が全然違う。
ペダルも踏みっぱなしで、最初は気持ち悪いかも知れないけれど、そんな不思議な音が漂っている空気感に慣れることが大事。
簡単なフレーズもいかに雰囲気をもって表現できるかが課題。