2016年02月14日

24のプレリュード 第19番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@最初は明るく入る。横滑りの優雅なタッチ。指が鍵盤を這うように。
A9小節目。ペダル踏みっぱなし。ちょっと気持ち悪い響きになるのを大丈夫にするためには、右手のフレーズを綺麗に弾くこと。耳を右手に引き込む。
B13小節目から。今度は左手が主役。もっとググッと思い切り歌って。
C16小節目から。右手につられて左手を大きくしないで。
D27小節目。左手に集中して。右手はそんなフレーズもあるのねぇ〜程度。
E30小節目。もっと右手は膨らませて。その時左手はもっと遠慮して。38小節目までは右手を聴かせて。
F38小節目。音量を小さくするためには、書いてないけど少しリタルダンド。
Gラスト。もうちょっと最後までフォルテで。
H無音の技。40小節目のあたりで準備を。

全体的に、左右のバランスを考えて。

前回、レッスンに行ってから2ヶ月半もたってしまいました。
なかなかレッスンに行けないので、次の発表会に出れるのかも謎ですが、先生と相談した結果、3番、17番、そして、この19番で次の発表会にのぞみたいと思います。

やっぱりピアノのレッスンは楽しいなぁ〜

24のプレリュード 第17番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@8小節目の右手の頂上の音は大事。
A12小節目。ここは3拍子の中なのに4拍子になる変拍子。それを感じて。
B14小節目。トリルを続けたまま、自然と次のフレーズにいけるように、指使いを工夫して。
C15小節目から16小節目にいく時に、切れないで。
D24小節目。別世界。穏やかに。
E34小節目のペダルは離さないで。

全体的に、この曲には無音になる場所はない。
dim.が早すぎる。もっとボリュームを持って。
14小節目⇒23小節目までは気持ちが切れない。想像以上にホッとしてはいけない。

24のプレリュード 第3番/ショスタコービッチ

2月14日(日)レッスン

@最初のフレーズ。右手が主役で、もっとおとなしく、穏やかに。
A5小節目から。3声だけど、全部を頑張らない。左手は一番小さく。
B7小節目、8小節目はクレッシェンド。
C9小節目の左手の頭。ハッキリと。
D11小節目からは今度は右手をハッキリと。
E12小節目はレガートで。
F13小節目はためらいながら。
G16小節目の頭は空白を作る。
H21〜22小節目。左手に影響されずに、右手は淡々と2拍ずつのフレーズ。
I23小節目の左はボ〜〜ンはもっと響かせて。右手はもっと大きいままに、萎まない。少しリタルダンド。
J25小節目。左手そっ〜と。右手は硬く。
K27小節目から。もっと迫力を持ってラストに向けて進んでいい。思っているほど小さくしないし、リタルダンドもしない。その方がスマートにおさまる。

全体的に、私が何処を聴いて欲しいのかが分からない。
右手左手にメリハリをつけて。
もっと『ココです!』をハッキリ決めて。

2016年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます

昨年中はお世話になりありがとうございました。
マイペースでピアノを楽しめた一年でした。
みなさまと一緒にピアノを囲めた時間がとても楽しかったです。
今年もますますのマイペースになりそうですが
自分なりに取り組んでいけたら嬉しいです。
いろいろな曲や演奏に出会えることを楽しみにしています。
みなさまにとって穏やかな良き年となりますようお祈り致します。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

平成28年 元旦
posted by ekko at 09:49| Comment(2) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

東京クリスマスマーケット

仕事の帰りに日比谷公園で開催されている東京クリスマスマーケットに行ってきました
ドイツなどで昔から親しまれているお祭りが初上陸。
噴水広場の周りにたくさんの屋台が並んで、ビールやワイン、お食事を楽しめます

bg_tcm1.JPG bg_tcm2.JPG

bg_tcm8.JPG bg_tcm7.JPG


クリスマスピラミッド
bg_tcm3.JPG bg_tcm4.JPG


我が家のクリスマスツリーの飾りが欲しくて探してみました。
ハンドメイドの木製のお店がぬくもりを感じてとてもよかったです。
くるみ割り人形もたくさんありました。

bg_tcm5.JPG


今年のオーナメントはコレにしました。
bg_tcm6.JPG


都会の明かりとクリスマスのイルミネーションと紅葉のコラボ
bg_tcm9.JPG
posted by ekko at 11:41| Comment(2) | 徒然草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする