2015年12月06日

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

12月5日(土)発表会

新しいホール、新しいピアノでの初めての発表会。
ヤマハの最高級のグランドです。

この曲の最大の難所・・・って、そればっかりの曲に感じてしまうほど出来てないのですが、トリルがどれだけ弾きやすいかが一番気になることでした。
リハーサルでの課題のひとつでしたが、私にはとてもしっかりした鍵盤に感じて、きっとちゃんと出来る人はとても綺麗に響くと思います。
あまり軽すぎる鍵盤だと空回りしちゃうので・・・。
もうひとつの課題は音量。
自分で弾いて聴こえてくる音が小さいけれど、客席で聴くととても大きく響きます。
小さく感じたからと言って、大きく弾く必要はないのかな〜。

な〜〜んて、そもそも心配するなんて図々しいでございます。
緊張でこんないろいろはぶっ飛びました
とにかく早く弾けないんだから、ゆっくりゆっくり〜〜と自分に言い聞かせステージへ。
トリルは練習でも出来ていないんだから、やっぱり本番で出来るはずもなくつぶれてばっかり。。。
でも、最後まで止まらずに弾けたし、最後の方はピアノの伸びる音を少しは楽しめたので、自分には『まぁまぁ頑張ったで賞』をあげたいと思います

それにしても、皆さんの選曲のレベルが高い
そして、その完成度も高い
この教室はどこへ向かっているんだろうと思えるくらい素晴らしい演奏のオンパレードでした。
半年前に大きなホールで発表会をやったばっかりなのに、もうこのレベルを披露できるの?!
たくさんの刺激を頂いて、これからの練習の励みになりました。
次回はショスタコービッチを数曲選んで弾きたいと思っています。
私も頑張ろう〜〜
posted by ekko at 09:15| Comment(4) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

24のプレリュード 第19番/ショスタコービッチ

12月1日(火)レッスン

@左手が楽しそう過ぎる。この曲はそうじゃない。もっと静かに。右手の邪魔にならないように。
A右手は音が少し重なっていくくらいの気持ちで。
B13小節目からは左手、レガートで。右手は遠くて鳴っている程度。
C15小節目。ここからは右手。両手の役割をそっくり逆に感じられるように。
D20〜22小節目の左手。指使いを工夫すること。変えたら綺麗に流れるように聴こえるようになった。もっと緊張感を持って。
E27小節目。右手は和音には重さをつけた音色を。
F31〜32小節目。左手は右手の邪魔にならないように。
G41小節目と42小節目は違うことを意識して。

全体的に・・・
ショスタコービッチを弾くには12色の色鉛筆ではダメ。
      
・・・とハッキリと変化するのではなくて、36色の色鉛筆を使いながら微妙に変化していく音色を出せるように。
たとえば、同じ緑でも濃淡をつけて、何色でも出せるように。
それが、ショスタコービッチの魅力。

そもそも、この曲をどう思って弾こうとしているのか。
陽気で無邪気な女の子のように先生には聴こえたようだけれど、私のイメージは違うので、それが先生には伝わらなかったことになります。
次回は本当の私の気持ちが伝わるように練習します。
さて、今度は伝わるでしょうか〜

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

12月1日(火)レッスン

発表会前の最終レッスン。
今更細かいことを言っても混乱するだけなので、もう日もないから大きな注意点だけ。

@32&33小節目。両手が微妙にずれている。休符を感じたあと、バラバラにならないように、自然に大きく。
A58小節目にいく手前が弱い。もっと盛り上げて。
B150小節目。あまりリタルダンドしないで。

初めてのホール、初めてのピアノの響きを楽しめるくらい余力があればいいですが・・・。
posted by ekko at 15:08| Comment(0) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

ソナタ Nr.48 第1楽章 / ハイドン

11月26日(木)練習会

先生主催の練習会に参加させて頂きました。

2回弾かせて頂きました。
どちらも、弾いている時から自覚症状はありましたが・・・
●左手のリズムを一定に保てない。付点になってしまう。
●装飾音符が汚い。
●強弱がついていない。
つまり、コントロールが出来ていません。
ペダルをほとんど使わないので、丸裸にされているような曲。
こんな難しい曲を人前で弾けるのか、こんな裸を人前でさらしていいのか、私、大丈夫???
聴いている方は苦しいと思います。
・・・が、コントロール不能でも実は弾いていて結構楽しいんです
本番まであと一週間、頑張りま〜す!!
posted by ekko at 08:47| Comment(4) | ソナタNr.48/ハイドン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

第3回同窓会サロンコンサートinTOKYO

ペンネさん主催の同窓会サロンコンサートに参加させて頂きました

bg_dou3.JPG


学生さんや主婦の方、仕事を持っていらっしゃる方、ピアノの先生・・・、様々な環境のみなさまですが、ピアノ大好き、音楽大好きといった雰囲気がいっぱいで、とっても楽しく過ごさせて頂きました。

私はリストの巡礼の年第2年イタリアより「ペトラルカのソネット第123番」を弾かせて頂きました。
も〜、今までで最悪の崩れ方で、途中止まりたくて止まりたくて、どこで止まろうかと思案しつつも、止まったところで何処から弾き直せばいいのか分からないからなぁ〜、エーーイこのまま弾いちゃおう・・・と思い直して、なんとか最後まで到着した感じです。
こうやって書きながら反省してみると、崩れているくせに、やけに冷静だなと、妙に感心したりして・・・

もう1曲は、ハロウィンをイメージした曲を作曲者のいる前で弾かせて頂きました。
どうして、ココで指が絡むのかと自分がイヤになっちゃいます。
お辞儀して、作曲者の方の前を通るとき、どんな顔をすればいいのか申し訳なくて、目を合わせないように下向いて退散です・・・。
でも、パンプキン大好きです

前回から2年ぶりでしたが、出演者の方々の演奏のレベルが更にパワーアップ
どの曲も本当に素晴らしかったです。
打ち上げもとても楽しくお喋りに花が咲きました。
貴重な音楽の話をいっぱい聞かせて頂きました。

ペンネさま、みなさま、お世話になりました。
そして応援に駆けつけて下さった方々、どうもありがとうございました
posted by ekko at 08:36| Comment(6) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする